本文へ移動
オンラインでのご相談をご希望の方は、まずお電話にて担当者との打ち合わせをお願い致します。

田中建材株式会社


〒520-1621


 滋賀県高島市今津町今津


1677-14
 


本社事務所
北仰資材置き場(有限会社エコタウン内)
0
3
5
7
5
9

土木作業員の仕事とは

「土木作業員の仕事に興味があるけど、具体的に何をするのかわからない…」とお悩みではありませんか?
 
建設業未経験の方向けに、土木作業員の仕事内容ややりがいについて紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

土木作業員とは

土木作業員とは、建造物の建設現場や道路整備などの工事現場で働く作業員を指します。
工事内容はさまざまで、作業によっては資格や免許が必要になります。

また土木作業員というと工事現場での作業員をイメージしがちですが、現場の工事を統括・管理する現場監督(施工管理)も土木作業員の一種です。
 
未経験から仕事をスタートする人も少なくありません。
 
未経験者の場合は、土砂の運搬などの軽作業からはじめ、慣れてくると職人の補助作業を行います。
そして将来的にはバックホウなどの重機の免許を取得して専門的なスキルを磨く、という流れで経験を積んでいくケースが多いです。

土木作業員の仕事内容

土木作業員は、土工と機械土工の2種類に大きく分かれる

土木作業員は、土工と機械土工の2種類に大きく分類できます。
 
土工は、現場での土砂の運搬、土地の掘削、コンクリートの攪拌(混ぜる作業)、土の地ならし、現場資材の運搬などの作業を行う土木作業員です。
 
機械土工は、バックホウやクレーン、ブルドーザーなどの重機を操作して作業する土木作業員です。
 
重機の操作には免許が必要ですので、ある程度の経験・技術が問われます。土工を経験し、資格や免許を取得して機械土工として働くことも可能です。

土木作業員が働く現場:住宅・マンション・ビルなどの建物の建設現場

また土木作業員が働く現場はさまざまです。
 
街中でよく目にするのが、マンションや住宅、ビルなどの建物の建設現場です。
シートで覆われていることもありますが、足場を組んで作業していたり、重機を使って地盤工事が行われていたりするのを間近で見たことがある人は多いはずです。
 
建物の建設現場では、まず現場の測量を行い、土地を掘削し、土地が崩れないように土留め作業をし、さらに杭打ちを行います。
 
それぞれの工程で、専門知識や免許を持った職人が作業を分担して実施します。
経験が浅い土木作業員は、掃除や交通誘導を任されることもあります。

土木作業員が働く現場:道路・トンネル・橋などのインフラ建造物の建設現場

また、道路の片側が工事中で交通規制されている場面もよく見かける光景ではないでしょうか。
道路工事では既存の道路のアスファルトを舗装し直したり、新たな道路を造ったりといった作業が主になります。
 
なお掘削やローラー作業には専門の免許が必要です。
道路の工事現場では、交通整備を行うことも土工の仕事です。
 
また道路工事のなかには、路面の工事だけでなく、地下に埋設されている水道やガス管などのインフラ整備の工事も含まれます。
 
その他、トンネルやダム、橋などのインフラ建造物の建設現場にも携わります。
災害時には復旧作業を担当することも多いです。

土木作業員として長年活躍すると、現場監督(施工管理)へのキャリアアップも可能

土木作業員は朝から夕方の時間帯で作業することが多いですが、交通量の多い道路建設などでは夜間に工事が進められる場合もあります。
 
現場経験が長くなると、現場監督(施工管理)を任されることもあります。これも土木作業の一種です。
 
現場監督は現場での作業だけでなくデスクワークも業務に含まれるようになり、主に担当する工事の工程管理や安全面での管理、品質管理などをトータルで任されます。

土木作業員の仕事のやりがい

建物の建設現場、道路工事、インフラ工事などさまざまな現場がありますが、いずれにしても社会の基盤となる部分の建設作業に携わることは共通しています。
 
建設された建物や道路は形として残りますので、大きな達成感を味わえる仕事です。
 
また力仕事も多いので、体力に自信がある人は、自身の強みを最大限に活かして社会に貢献していると実感できるでしょう。
 
田中建材株式会社では土木作業員を募集しています。
 
未経験の方も歓迎で、丁寧に先輩社員が仕事を教えますのでお気兼ねなくご応募ください。
採用に関する情報、お問い合わせはこちらからご覧ください